プロフィール

ふうこ

Author:ふうこ
街のかぜへようこそ!

カテゴリ
最新記事
リンク
ほのぼの時計 わくわく版
最新コメント

ピアノ デュオ コンサート

   2台のピアノ

緑が美しい雨の休日。
Una Coppia(ウナ コッピア)ピアノデュオコンサートに出かけた。

ピアノ演奏は、
T先生と、S先生。
M音楽大学の同期生のお二人は、
それぞれに、ピアノ教室や演奏活動をされているほかに、
こうして約1年半に一度、
連弾と2台のピアノの演奏会を開いている。
(なんと無料です)


T先生は、私が歌っているコーラスグループでピアノ伴奏をして下さっている先生。
伴奏というより、ピアノが一パートのような存在感。
T先生の前奏や間奏があまりに美しく、
聴き惚れているうちに、出だしを忘れることもしばしば(@_@;)。。。


さて、
今日の演奏は、セヴィリアの理髪師序曲から始まる。
2台のピアノでの演奏。
普通の演奏に比べ、音の数も深さも、迫力も2倍以上。
その音の厚みに、圧倒される。
お二人、離れていても、
目でしっかり合図し、呼吸を合わせる。

そして、
何と言っても凄いのは、
連弾。
ディズニーメドレー1

ひとつの鍵盤の上を、
4本の手が、しなやかに、時には、激しく
縦横無尽に動き、弾ける。
二人の手が、交差したり、並走したり。
その息の合いようは、驚くばかり。
ディズニーメドレーでは、
あの、軽快なエレクトリカルパレードの音楽を、
みごとにピアノで表現した。

ディズニーメドレー2

あの「のだめ」でお馴染みの
ベートーヴェン交響曲第7番も、
オケとはまた違う魅力にあふれ、
素晴らしかった。


どうしたら、そんなに息がぴったりの演奏ができるのか、
T先生に聞いたことがある。
「そりゃー、上からたたかれたり、ぶつかったり、引っ掻いたりということもあったのよ」
と笑いながら、
23年だからね。と。
肩越しに
お互いの息遣いを感じ、動きを読み取るのだとか。

大学時代からだから、
ご家族よりも長い付き合い。
長い長い時間をかけて、ともに練習してきた。
Una Coppiaとは、「仲良し」の意味だそうだ。
お互いの全てがわかり、信頼し合っている。
そんなおふたり、いいなあと思う。


お二人の醸し出す音楽は、
まさに大人の、熟練された世界。
会場は、艶やかなゆたかな空気に包まれた。
スポンサーサイト

コメント

一度、行ってみたいです♪

いつも、楽しみに訪問させていただいています。
なかなか都合のつかない週末ですが
ふうこさんのブログを読んでいたら
行きたくなりました。
週1回のコーラスの練習も
実はT先生の伴奏も楽しみなんです。わたしも(笑)
うふふ♪

No title

いしだ園の鈴木さん、コメントありがとうございます。
そう、ほんとうに美しいピアノの音色ですよね。
T先生のコンサートでは、
コーラスのメンバーにかなりお会いしましたョ。
ぜひ、次回はご一緒しましょう!
非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
検索フォーム