プロフィール

ふうこ

Author:ふうこ
街のかぜへようこそ!

カテゴリ
最新記事
リンク
ほのぼの時計 わくわく版
最新コメント

みなみ5丁目防災訓練

本部立ち上げ

地域の防災訓練を行った。
日頃から自治会有志で活動する防災会が中心となり、
年に一度の訓練の準備を進めてきた。


今回の訓練の目的は、明確だ。
いっとき避難場所である公園に、災害対策本部を立ち上げる訓練。


自治会館や公民館といった建物を持たないわが自治会は、
屋根のない公園に小さな防災倉庫が一つあるだけ。
防災会のメンバーや自治会役員、各委員は
自宅の被害状況を確認し、家族の安否確認をしたのち、
公園に集まって、本部を立ち上げる。


従来の、
消火器で火を消すとか、起震車や煙体験車を呼んで体験するといった
受け身でありきたりの訓練とは違う、
より実践的な訓練だ。

ピンクのハンカチ


この日、「うちは大丈夫ですよ」という意味のピンクのハンカチを
玄関先に掲げる。


情報・通信班は、
近隣の小学校にある対策本部と
高性能のトランシーバーで無線連絡をやってみる。

参加者リスト


救護・援護班は、
要援護者、負傷者の搬送。

車いす搬送


医療、衛生班は、看護師資格を持つメンバーが血圧測定を行った。


物資・運搬班は、
対策本部の倉庫から
水とビスケットを運び、

防犯・安全班は、
青色パトロールの車で自治会内を回る。

簡易トイレの説明

仮設トイレの設置は、
男性3人で10分で完成。
みなさん熱心に使い方を聴く。


本部長の話


今日の訓練は、全員参加型ではないので、
集まったのは、負傷者役も含め何らかの担当任務を持った人々57名。

担架での搬送も、支援物資の配布も
のんびり笑顔での実施で、
実際には、こういうわけにはいかないことは皆さん重々承知。

それでも。
本当に自分たちに必要なこと、
現実に、実際に自分たちでできることを考えた上での防災訓練。

近所に住む者同士、
胸に付けた名札とお顔を結び付けて、
顔見知りを増やすだけでも
意味があることだと信じたい。

地域の人々


参加者には、
近いうちに起こるだろう震災に向けて、
半歩前進したという達成感が刻まれたように、思う。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
検索フォーム