プロフィール

ふうこ

Author:ふうこ
街のかぜへようこそ!

カテゴリ
最新記事
リンク
ほのぼの時計 わくわく版
最新コメント

ARTな一日 Ⅱ

ポスター

やってきました!
六本木の国立新美術館。


S子おばさんとランチの後、
息子の作品をいっしょに観ましょうと、
東京の街をタクシーでくぐり抜け。。。


地下鉄の移動では、東京の街並みを見ることがありませんから。
まだ夢の中にいるような、いつもとちがう、
ARTな一日の続きです。

中に一歩、足を踏み入れると
はじけるようなエネルギーがビンビン、飛び交っています。

彫刻

そう、赤のチェック、ブーツ姿がS子おばさん。
黄色のセーター、上着は緑。
さすが、オシャレは決まってます!

S子おばさん

ルーブルや、オルセーや、
世界の有名な作品を観ることはいっぱいあっても、
無名の若者の作品をみる機会はないから、
「かえって新鮮ね~。 すごいすごい!!」と喜んでいただく。


作品5

作品2

作品7

作品3

こんな作品もあります。

踏んで




私は、どちらかというと日本画の世界にひかれました。

日本画


日本画2

背中

いいですね。素敵です。



息子の作品も、ありました。

あった。

美術には、まるで無縁の私でしたが、
この息子のおかげで、
たくさんの絵を見るようになったし、
楽しい思いをさせてもらいました。



さて。

S子おばさんには
もう一か所行きたい場所がありました。

「知る人ぞ知る、小っちゃい美術館。知ってる?」
私は知りませんでした。
またまた、
タクシーで神宮外苑へ。

ワタリウム美術館。(←こちら)

ワタリウム美術館

そばまで行っても、
美術館には見えませんね。

重森三玲展(←クリック)をやっていました。
といっても、私はその名前を知りませんでしたが。
昭和を代表する、作庭家だそうです。
S子おばさんは、お庭も好きで、
実際に三玲さんのお庭(←クリック)を何度も訪れているとか。


この展示では、
図面や庭の模型、スライドの上映などが行われていたのですが、
昭和のその時代とは思えない
新しさを感じました。

そうえば、数日前、
偶然ですが、
三玲さんの代表作?北斗七星(←クリック)の写真を雑誌か何かで見て、
なんて今風な石庭なんだろうと、
深く印象に残っていたのでした。
まさか、
こんな形で、それが誰のどんな作品であるかを知ることになろうとは。





そうして。
S子おばさんは5時の飛行機で高松に帰っていきました。


なんだかまあ、
こんな不思議な一日でありました。





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
検索フォーム