プロフィール

ふうこ

Author:ふうこ
街のかぜへようこそ!

カテゴリ
最新記事
リンク
ほのぼの時計 わくわく版
最新コメント

クリスマス

IMG_8626 (800x533)

クリスマスイブになって、
ようやくツリーの飾りつけを始めました。


IMG_8623 (533x800)

今年は贅沢にも、生ツリー。
しかも、大好きなtea-treeです。


IMG_8630 (800x533)

スッとする香りを感じながら、
かつて、子どもたちのために買い集め、
一緒に飾りつけをしたグッズたちを
取り付けました。

子どもたちは、これを見て
懐かしんでくれるだろうか。


IMG_8634 (533x800)

こんな時間を過ごしながら、
ふっと、思い出しました。


IMG_8618 (800x533)


子どもの頃、
毎年クリスマスが近づくと、
父が山からモミの木を1本、
伐ってきてくれました。

恰好が良くて、大きさがほどほどのモミの木。
母はそれを観ては、
「おー、いいねえ」と。

実家は、その頃でも築100年数十年の古い家。
8畳のお座敷の隅に、
モミの木を立てて、
人形や、白い綿や、カラフルな電飾を
飾り付けていたように思います。

そのモミの木も
伐りたての、山の香りがした。


IMG_8677 (800x526)


遠い遠い、香りの想い出です

『クリスマスの約束』を聴きながら。












スポンサーサイト

黄 葉

IMG_6285 (500x359)

横浜山手西洋館で『世界のクリスマス』が行われる時期は
ちょうど、周りの木々の紅葉が見ごろです。

IMG_6294 (375x500)

今年は特に、イチョウの色づきが遅かったのでしょうか。
黄葉がほんとうにみごとで、
たくさんの方が山手の丘を散策していました。

IMG_6311 (500x354)

古いガラス越しに見えるメタセコイアやイチョウ。

IMG_6312 (500x343)

古き良き時代を思い浮かべながら、空を見上げます。

IMG_6297 (372x500)

IMG_6353 (500x500)

鮮やかな黄色が、西洋館の外観とよく合いますね。
日が暮れると、建物の周囲にイルミネーションが施されます。
暗闇に浮かび上がる姿もきっと素敵でしょう。

やっぱり自然の色は美しい。
鮮やかな黄色をしっかり目に焼き付けて帰りました。
















世界のクリスマス

IMG_6300 (500x357)

横浜山手西洋館で開催中の
『世界のクリスマス』に行ってきました。

毎年この時期、横浜山手地区にある7つの西洋館が
世界のいろいろな国のクリスマス装飾、テーブルコーディネートで彩られるのです。
その歴史は意外に古く、今年で16年目とか。

私が初めて行ったのは2008年頃でしょうか。
オーストラリアのサンタさんが横縞模様の水着姿でサーフィンしていたり、
南アフリカのサンタさんはお顔が黒色だったり、
ツリーの形も、花のアレンジ・素材も本当にさまざまで美しく、
クリスマスをとおして、世界の広さをあらためて感じたのでした。

以来、ほぼ毎年、
この時期に西洋館巡りをするのが恒例の愉しみとなりました。
市の建物ですから入場は無料。
贅沢な散歩コースです。
過去数年の中にはちょっと残念、という年もありましたが、
今年は、各館を担当されたコーディネーターが個性にあふれ、
得意分野がはっきりとしていて、
その国らしさがしっかりと表現されていたと思います。
とっても見ごたえがありました。

IMG_6315 (375x500)

一番印象に残ったのは、ウクライナのクリスマス。
稲穂?で作られたリース。食卓に並ぶ料理も、初めて見るものばかりです。

IMG_6303 (375x500)

飾りつけの素材も、装飾品もオリジナリティにあふれ、
それが、約90年の歴史を持つここ横浜の西洋館のたたずまいによく合っていて
不思議な感じでもありました。

IMG_6309.jpg

IMG_6314 (369x500)



もう一つ、とても感動したのは、
ベーリックホールのカナダのクリスマスです。

IMG_6324 (500x375)


この西洋館は、コンサートも行われるほど大きな建物なのですが、
入口の扉を開けると、す~っと、
爽やかな樹の香り。
空気は澄み渡り、
建物の中は、樹の香りで満たされていました。

IMG_6322 (375x500)

ツリーも、リースも、キャンドルホルダーもすべて木で作られています。
この香りの正体は、
材料として使われているカナディアンレッドシダー。
テーブルも、ツリーの下に敷かれたウッドチップもそう。

IMG_6331 (375x500)


アロマオイルですか?と思わず尋ねると、
レッドシダーから発せられる自然の香りなのだと
教えて下さいました。
ますます、この香りが好きになりました。


エリスマン邸のオーストリアのクリスマスも
見ごたえがありました。

IMG_6338 (500x500)


IMG_6346 (500x500)

IMG_6345 (500x500)

きらきらのビーズなど華やかな素材と、
シナモン、八角?など香り高い自然の材料の組み合わせ。




IMG_6387 (500x375)

山手111番館のオーストラリアのクリスマスも
甘い香りで満たされていました。
アポリジニの人々が愛し大切にしているというワイルドフラワーを使った
プリザーブドフラワーの数々。

IMG_6385 (375x500)

IMG_6398 (500x375)

これもまた、見たことのない世界です。

IMG_6388 (500x375)

ほんとうに、世界は広い!知らないことばっかり。


カメラを持っていかなかったことを後悔しながらも
それでも、100枚以上スマホで撮影していました。

もう少し紹介したいことがあるので、
続きは次回。








カレンダー
11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
検索フォーム