プロフィール

ふうこ

Author:ふうこ
街のかぜへようこそ!

カテゴリ
最新記事
リンク
ほのぼの時計 わくわく版
最新コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

稲刈りに行ってきました。

IMG_5774_convert_20151029234122.jpg

今年も稲刈りに行ってきました。

田植えと稲刈りだけですが、
80歳をとうに超えてなお
稲作現役の父と母の手伝いを始めて3年目です。


IMG_5769 (500x375)


最寄りの駅に降り立つと、
すでに稲刈りは始まっていました。
ホームから、
田んぼで作業する両親と弟の姿が見えました!

「おーい。」

聞こえたみたいです。


IMG_5771 (500x375)

例年より10日ほど遅れての収穫です。
いつも差し入れをしてくれる
はりまやのおばちゃんも、到着を待ってくれていました。


IMG_5792_convert_20151029234331.jpg

着替えてすぐに田んぼへ。

今年は弟が父からコンバインの操縦を受け継ぎ
縦へ、横へ
さっそうと田んぼを走りまわっていました。

私はというと、
刈り残しや田んぼの角を手刈りする担当。
張り切って、あちこち歩き回る私に父は

「そげんに、歩き回らんでもええ。。。」

むだな動きは禁物、なんでしょう。
稲刈り中は、数日続く肉体労働、
農業する心得みたいなものも
かんじます。


IMG_5779 (500x375)


初日はほんの1.5時間程度。
稲を刈り、
青空のもと、風に吹かれただけで
パソコン漬けの
日頃の疲れが吹っ飛びました。

すっかり元気な自分に、驚きです。


コンバインでの作業ですから
刈り終えた稲はモミとなり、
大きな袋に入っていきます。


IMG_5781 (500x370)

今年は、弟が機械をうまく調整してくれて
調子は絶好調。
私が参戦した翌々日には
すっかり稲を刈り終えました。


IMG_5786 (375x500)


「ええ米ができとるかな?」

もみ殻をとった玄米を
父がやさしく手に取って、
米の出来ぐあいをしらべます。

IMG_5784_convert_20151029233547.jpg

30キロもの袋を
二人で運ぶ作業は長く、地道でたいへんですが
やっぱりその場は
収穫の喜びにあふれています。


IMG_5834 (375x500)

今年も米がとれた。
一年、自分たちで育てた美味しいコメが食べられる。


IMG_5782_convert_20151029234209.jpg


炊きたての朝日米の味は最高でした。


いつまでも、一年でも長く
両親と弟と
こうして米作りが長く続けられますように。










スポンサーサイト

ふ~のん6号が完成しました。



このまちのことを、まちに住む人々が本にする。
ページをめくれば、
知ってる人がいっぱい出てくる。
そんな活動に参加して6年目。

このたび、無事『ふ~のん』6号が完成しました。

IMG_5659.jpg

歩きや自転車を使って、
知っている人やお店に配ったりしています。

『ふ~のん』って何?
と行く先々で、いちいち聞かれなくなったのは
うれしいこと。

「楽しみにしてたわよ」と
声をかけられたり、
「1000人インタビュー」で、笑顔を載せて下さった方が
すごいすごい、と手を叩いて喜んでくださったり。


こういう時が一番幸せです。


今回は、スタンプラリーを切り離して、
純粋な読み物になりましたが、
「スタンプラリー無いの?」と聞かれることもあり、
やっぱり、スタンプラリーも大事な要素だったんだと
気づかされます。


今回の特集は、ご近所の公園特集。
暑い夏、
編集スタッフが公園を一つ一つまわり、
地域の方に利用の仕方を聴いたりして、
ていねいにページを作りました。

IMG_7193_201510171037380a1.jpg

そこに、イラストの得意なスタッフが手書きで挿絵を添えて。
手づくり感いっぱいの『ふ~のん』らしいページに仕上がりました。

スタッフがある公園をひとりで取材中、全長1メートル以上?もある大きな鳥に遭遇。
作り物かどうか、近づいたら「ばぁ~っと、飛び去った!!」と
ビックリビックリの体験をしたという報告もありました


私たちはこうした体験や感動を
たくさん『ふ~のん』からもらい、
住民による手作りの本があるまちに住んでいることを
誇りに思っています。


IMG_7192_2015101710373885f.jpg


このまちの魅力、
ここに住んでいる人の魅力を
すこしずつ、
つたえていけたらとおもっています。





秋 空

サンキャッチャー

「家の中にいるのがもったいないですね~」

会う人、会う人、そんな挨拶をかわすほど
抜けるような青空の一日でした。


空気の乾き具合、
陽の光の色などから、
稲刈りが近いなあと感じます。


IMG_5635 (500x381)

庭から見上げた空。
ずっと見ていたい青色です。


IMG_5636 (375x500)


自転車に乗るときも
ずっと斜め45度上を見て、
大きく息を吸って。


IMG_5640 (500x375)


風をきって走ります。


IMG_5641 (500x375)


下ばかり向いていると、
思考もトーンダウン。
上を向いているだけで、
気持ちも上向きになるのだと聞きました。


IMG_5642 (500x375)

上を向いて歩こう!


どなたの見上げたさきにも
高いたかい青空が広がっていますように。







カレンダー
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。