プロフィール

ふうこ

Author:ふうこ
街のかぜへようこそ!

カテゴリ
最新記事
リンク
ほのぼの時計 わくわく版
最新コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

港南台ちょい呑みフェスティバル!

IMG_3074 (640x480)

ちょい呑みって、ご存知でしょうか。

ふだん入ったことのない店にも足を運んでもらい、
まちを盛り上げようと、
呑み屋さんや飲食店の専用チケットを準備し
まち全体で飲み歩きを楽しんでもらおうというお祭りイベント。

商店会の若手メンバーが中心となり、
港南台でも初めて、
2日間のちょい呑みフェスティバルが行われました!

主催側は、ルールを決めるところから始め、
チラシやのぼりをつくり、
30の参加店を集めました


IMG_3075 (640x480)


初めてのことですから、趣旨を説明し
参加店を対象にパンフレットに掲載する「美味しそうに見える写真の撮り方講習会」まで行って
実施に向けて綿密な準備を進めてきました。

いよいよ、
ちょい呑みの初日。
カードを首から提げて出掛けました。

IMG_3091 (640x480)


駅前では、黄色いはっぴを着た仲間が
チラシを配り、
呼び込みしていました。

IMG_3076 (480x640)

一軒目は、
ずっと行ってみたいと思っていた人気の串焼き屋さん。
ビールと串焼き2本、または唐揚げ、というのが
ちょい呑みメニューです。

店内には、
若い女性二人組や、塾年夫婦、ご年配の友人同士など。
全席、ちょい呑みのお客さんで埋まりました。

何となく、
知らない人たちなんだけれど、
この日ばかりは、不思議な仲間意識、連帯感があります。

美味しくビールをいただき、
追加メニューも楽しんで、
2軒目に向かいました。

IMG_3087 (640x480)

2軒目は、
昔ながらの呑み屋さん。
縄のれんのお店に、生まれて初めて入りました!

IMG_3081 (640x480)

ちょい呑みメニューは、
モツの煮込みと漬け物、日本酒コップ1杯。

IMG_3085 (640x455)

混雑を予想して、
立ち飲み、セルフサービスです。
紙コップに一杯の熱燗。

IMG_3084 (640x480)

初めて入ったのに、お店の人とおしゃべりが弾みます。
他のお客さんとも、
なぜかお話できるのは、
ちょい呑みならでは。

すっかりあったまって、
おなかもかなりいっぱい。

3件目は、〆のラーメンです。

IMG_3095 (640x480)

ちょっと距離はありましたが、
歩いて移動。

ちょい呑みメニューは、餃子6コと大きなチャーシュー。
大きなジョッキに、生ビール
かなり、お得感があります。
追加で、ラーメンも注文したものですから、
「食べられる?」と大将から心配されたほど。

「食べます!」

「今日は、儲けなんか関係ないですから!!」と豪快に笑う大将と会話が弾み、
見てきたばかりの、駅前の盛り上がりを伝えたのでした。


まちのあちこちで、
ちょい呑みのチラシを見ながら行先を選ぶ人たち、
店に入りきれずに、
寒い外で、行列をする人たち。

どことなく、みんなウキウキとして、
お祭り気分を楽しんでいるようでした。

おなかはいっぱい、
こころは、ほっこり。
いつものまちが、
黄色いのぼりをまとって、張り切って
いつもと違う顔を見せた夜でした。


このまちの楽しみが、
また一つ、増えましたね

















スポンサーサイト

公園で炊き出し訓練

IMG_5766 (640x427)

地域の自治会と防災会で、年に一度行っている『防災のつどい』。
今年は、
近くの公園で、炊き出し訓練を行いました。

雨模様という天気予報がはずれて、
寒空のもと、
たくさんの住民が集まりました。

IMG_5774.jpg

係りは
本部、総務、炊き出し、設営運搬、訓練進行の4つです。
全員がいずれかの係りにはいり、
係色別のガムテープに名前を記入。

これなら一目で担当がわかり、
受付がまだの方も、遠目からすぐにわかります。

IMG_5790.jpg

消防署から5人も消防士さんが来られ、
煙体験や、
地震が起きたときの行動についての
訓練を受けました。

訓練の流れは、こんな感じ。。。

IMG_2990 (640x424)

近くの防災拠点から、
設営運搬係がリヤカーで、
おかゆの缶詰とクラッカーを運んで来ました。

IMG_5786 (605x450)

簡易トイレの組み立てもやってみます。

簡易トイレ

七輪で火熾し。
特に若い人に、体験していただきました。

IMG_5776.jpg

そして、この日のメインは、
豚汁とビニール袋で炊くご飯です
近くのリフォーム業者さんが5人も手伝いに来られ
プロパンガスと60リットルの大なべ2つ、お借りしました。

IMG_5794.jpg

100人分の調理は、老人会と子供会のお母さんたちが中心です。

IMG_5806 (374x608)

ビニール袋に無洗米と水を入れ、25分間湯に入れます。
自分の食べる米を、各自で袋に入れました。

IMG_5816 (640x427)

こうしてできあがったのは
エコ食器で食べるアツアツの豚汁と、
公園の水で炊いたカルキ臭のするご飯。
美味しかった。
貴重な体験です。

途中で雨が降り出し、
食べながら会の締めくくり。
そして、片付けです。

IMG_5821 (640x380)

雨が降ったらどうするか。
夜だったらどうするか。
自治会館を持たないこの地域は、
課題がいっぱいです。

でも、やってみて分かったこともたくさんありました。
総勢約100人が集まり、
それぞれの持ち場でやってみた第一歩。。。
また次に、
繋げていきたいと思います。


















防災マップとピンクのハンカチ、区報で紹介されました!

IMG_2911 (480x640)

地域自治会の有志が集まって、防災会の活動をしています。
初めてもう、5年くらいになるでしょうか。
20名くらいのメンバーが2か月に一度集まり、
いざというときのために、何ができるか、
考え、訓練を行い、体制を少しずつ整えてきました。


一年ほど前、
家庭防災員の補助金を使って、
地域の防災マップを作りました。


IMG_5757 (640x427)


本部を立ち上げる防災拠点やいっとき避難場所、水道、AED、掲示板のある場所、使えるトイレ、公衆電話の場所。
水道栓の位置等を調べて、地図に書き入れていきました。


急な坂、雨水がたまる場所、海抜も調べました。


IMG_5755 (640x427)


力を入れたのは、
地域の医療機関、お店や会社などの事業所、施設への協力のお願いです。
アンケートを作ってメンバーが2人一組でお願いにまわったところ、
何らかの協力を頂けるとお答えいただいたところが30か所ありました。

いざという時には、
トイレを貸して下さる、ホールを開放する、防災訓練に参加する、医師会の情報を提供するなど
前向きなお答えをたくさんいただきました。

防災マップには、
その30か所を協力事業所として記載したほか、
備蓄のススメや、ピンクのハンカチについて、
ブレイカーを切ってから避難しようという呼びかけ、防災用伝言ダイヤルの案内など、
これまでの防災会の活動を、書き入れてひとつの形にまとめることができました。



IMG_5499 (683x1024)

ピンクのハンカチとは、
いざというときに、「うちは大丈夫ですよ」という意志を、
ハンカチを掲げることによって知らせるものです。

IMG_5484 (683x1024)

毎月15日は、

IMG_5501 (1024x683)

地域の中に、ピンクのハンカチが一斉に掲げられます。

IMG_5459 (683x1024)

いろんな形で。植木に結ばれたり

IMG_5461 (683x1024)

旗になったり。

IMG_5472 (683x1024)

この様子を昨年、
区長さんも見学に来てくださり、
2月号区報の表紙で紹介してくださいました。


防災の活動は、
終わりがなく
活動自体が見えにくい地道な活動です。


雨水の危険個所をチェックする


メンバーは、民生委員やシルバークラブや
防犯ボランティアなど
地域活動を他でもやっていて時間のない中の活動です。
そして、ピンクのハンカチだけで、
安否確認ができるわけじゃありません。
でも、
掲げることで、
防災に意識を向けること、
地域の一員であることを意識するだけでも
意味があると思うのです。


IMG_1254 (640x427)


地域の一体感、
明るい雰囲気作りにもつながっているように思います。









カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。