プロフィール

ふうこ

Author:ふうこ
街のかぜへようこそ!

カテゴリ
最新記事
リンク
ほのぼの時計 わくわく版
最新コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

防災の集い

防災の集い

2度の大雪で、雪かきもまだ終わっていない週末。
自治会と防災会が主催して、『防災の集い』が行われました。

年に一度の機会ですが、
これまでには、
地震が発生した時の対策本部の立ち上げ訓練をしたり、
近くの消防署に行って消防士さんの話を聴いたり
より実践的な内容にしようと、心がけてきました。


今回は、
出来上がったばかりの防災マップの説明
そして、
地域で実際に行っている取り組みや、アイディアの紹介です。

防災ニュース


マップ作りをきっかっけに
この地域で30もの医療機関と事業所が、
何らかの協力をしてくださることになったので、
今回初めて事業所の方にも、つどいへの参加を呼びかけました。


アンケートをもって実際に地域の事業所(会社やお店)を回って感じたことは、
どちらも、地域にとても協力的だということです。

災害時には、
お店のフロアーを避難者に開放する、ビニールシート、トイレを貸し出す,
医師会からの情報を地域に伝達する!などなど、
具体的な協力の内容を書いてくださったところもありました。


つどいに参加された事業所の方も発言してくださり、
「炊き出しの時は、プロパンガスや寸胴鍋などを提供したい。
今後は、AEDも設置したい」など、
とてもありがたい提案がありました。


そして、看護師の資格を持つKさんからは、
目からうろこのお役立ち情報が紹介されました。

IMG_1287.jpg



地震が起きて避難所に行くとき、冷蔵庫の中の生鮮食料品は、停電になって腐らせるより、避難所に持ち寄り、炊き出しに使いましょう。寄せ鍋ができ、2,3日は温かくおいしいものが食べられます
(停電して、中身が腐ってしまった冷蔵庫の悪臭はものすごく、その後匂いが取れなくなって使い物にならないほどだそうです。)


横浜市では、災害時、診療体制が整っている診療所は旗を立てて知らせることになっています。自己判断で大病院に駆け込むのではなく、軽傷の場合は地域の開業医、診療所にかかりましょう。
(過去の大震災で、大病院にたくさんの患者さんが駆け込みましたが、その70%は軽傷の人で、重症患者を救えなかったケースが多々あったそうです。)


地震が起きたときは、ブレイカーを落として避難しましょう。地震から、3日たってから火災が起こることがあります。家具などで下敷きになったコートが破損し、金具がむき出しになると、通電した時に火花が散って、通電火災がおきてしまうそうです。

この地域からは、絶対火事を出したくないですよね!
Kさんの、力のこもった発言が強く印象に残りました。


今回の大雪でさえ、
スーパーのパンやお米の棚がすっかりからっぽになったそうです。
備えは必要、
そのことを、しっかりと実感できたつどいでした。














スポンサーサイト

防災マップできました!

IMG_1249 (640x360)

3年ほど前から、
地域の自治会の有志が集まって防災会の活動をしています。

災害が起こったとき、
自分たちの地域は自分たちで何とかしようと、
パンフレットを作って「備蓄のすすめ」を呼びかけたり、
安否の確認をするための
ピンクのハンカチを全世帯に配って
防災意識を高めたり。

ピンクのハンカチ

このハンカチは、
災害が起こったとき、
「うちは大丈夫ですよ」ということを伝える目印です。


そして今回、
10月から取り組んできた防災マップが完成しました~!


IMG_1254 (640x427)


メンバーは、地域内を歩いて、危険な場所、
50以上ある消火栓の位置を確認。
公衆電話、AED、掲示板、トイレ、水道、
ゴミ集積所などの位置を地図に書き入れました。


このマップのすごいトコロは、
何がどこにあるかがわかるだけでないのです。
地域内の医療機関、お店、事業所を2人一組で訪問し、
災害が起きたとき、地域に協力をしていただけるか
アンケートをお願いして回りました。

35箇所回ったうち、
30箇所から、「何らかの協力をします!」という返事をいただき
リストを裏面に載せました。

マップ裏

このマップをつくることで、
医療機関、お店、事業所さんにとっても、
地域に対して、災害時にどんな協力をするのか
考えていただくきっかけになったのではないでしょうか


足で歩いて作ったマップです



今日は、全戸配布に向けて
ラミネートの作業です。

あちこちから借りてきた、
3台のラミネート機械フル作動。

IMG_1251 (640x360)


手を動かしながら、
おしゃべり。
そして、
ときどき、お茶 

楽しくワイワイ言いながら、
B4版400枚のラミネート作業を
無事、完了しました!!


こういう、
みんなで作業する時間。
これが一番大事なんですよね。









雪かき

140209_114308.jpg

この地域でも、
数十年ぶりという雪が降りました。
もちろん、私自身こんな大雪を経験するのは、
生まれて初めてです。

県内全域に大雪警報。たしかに予報通りでしたが、
大した備えもしないうちに、
家の周りはこんなことに。




翌朝は、あたたかな晴天。
意を決して、
庭用スコップで雪かきです!


日曜日ということもあって、
ご近所のご主人様たちが総出。
あちこちから、ザクッ、ザクッという
リズミカルな音が聞こえてきます。

庭



ふだん挨拶や、ちょっとした会話をすることはありますが、
こうして汗が出るほど、一緒に作業していると、
連帯感と言いますか、
自然と会話も弾みますネ


お互いに、持ち場を越えてちょっと先まできれいに。
ご高齢夫婦だけののお宅の階段を
掃いてみたり。


こういう時こそ、ご近所のチカラを発揮。
こうしたちょっとした事の積み重ねが
いざという時に役立つ気がします。


庭側は、これまたたいへんです。

近々、ここで防災会の皆さんと

作業をする予定なのですが。

140209_121158.jpg


とりあえず、通路とウッドデッキの雪をどけて
歩けるようになりました

140209_150912.jpg













港南台がもっと好きになる日

プログラム

この地域に暮らし、さまざまな活動をしている人々が
集まって!そして
つながりあおう!
地域をもっと元気にしよう!という
『港南台地域元気フォーラム』が行われました。

140204_130512.jpg


主催は、港南台の情報を発信したり、人が集ったり話し合ったり
まちづくりの活動も支援している港南台タウンカフェ。
約40名が、熱い気持ちを持って集まりました。


毎年、いろんな角度からまちづくりを考えてきたこのフォーラム。
今年の目玉は、なんといっても
地域で活動する団体が、持ち時間2~3分で活動紹介する
リレートーク&ワークショップです。

呼びかけに応じて集まったのは、なんと22団体でした。

おなじみの名前が並んでいます。

22団体も集結。


日頃、熱心に自分たちの役割を実践するする団体も、
外に向けて活動をアピールしたり、
他の団体と連携、コラボしたりする機会はそれほど多くはありません。
それぞれ自分たちの活動をするだけで、目いっぱいだからです。

この機会を利用し、
各団体、持ち時間を最大限に使って
活動報告しました。

そして、
聴く側は、ただ聴くだけではありません。
それぞれの団体にむけ、
付箋にメッセージ書きます。
これが、けっこう忙しかった。

ほめる
たたえる
はげます
こぶする


アピールするほうも
聴く方も
一生懸命!!
22団体すべてが紹介を終えたころには、
「やっぱり、ここはいいまち。
これだけの人々がまちのために頑張っている」
という、なんだか満ち足りた気持ちになっていたのでした。


140204_145010.jpg


メッセージがこれだけ並ぶと壮観です!

各団体は、地域の人々から送られた自分たちへのエールを
おみやげに持ち帰りました。


解説


ファシリテーターのI氏は、
一つのまちで、
商店会も、自治会も、PTAも、NPO法人も行政も、
いろんな異なった分野の団体が一堂に会し
自分たちのまちのことを一緒に考えるという場面を初めて見た!!
と、驚きとともに語っておられました。

それは、この港南台のオープンな雰囲気が
関係しているかもしれないと思いました。

古くからの地主さんと、新しく、全国から集まってきた住民が共に暮らすまち。

140204_144940.jpg


今日のフォーラムをきっかけに、
団体同士がつながって、
活動がさらに広がっていく日も
近いのでは。


そんなことを考えながらすごした
あっという間の3時間でした。














カレンダー
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。