プロフィール

ふうこ

Author:ふうこ
街のかぜへようこそ!

カテゴリ
最新記事
リンク
ほのぼの時計 わくわく版
最新コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正月支度。



ようやく。。。(・・;)
気持ちが年末モードに突入したところに、
田舎から恒例の正月支度の荷物が届きました。

大地の恵み、
田舎の空気がギュッと詰まった荷物です。

131229_080519.jpg

杵でついたお餅。
やっぱり丸でしょう。
うるち米の入った豆餅は
私の大好物。

131229_080603.jpg


元日のお雑煮に欠かせない
ほうれんそう。
味の濃くて、栄養たっぷり。
このほうれんそうでなきゃ。


131229_080539.jpg

楽しみにしていた花材です。
南天、今年は葉が赤くて面白い。
どんな風に生けましょうか。

131229_081148.jpg


父の作、お飾り。
今年は新作の丸型もありました。
うちの庭の一両の実、ローズマリーを加えてちょっと豪華に。


131228_092337.jpg


新しい年を迎える準備。
こうして、
一年の節目にすべてのことにけじめをつけて、
気持ちを切り替えられるありがたさ。

旧年の出来事に終わりをつげ、
気持ちを前へ前へ。



新しい年も
良い年になりますように。












スポンサーサイト

お疲れさんの旅

稲刈り

今年も残すところ
2週間ほどとなりました


今年は「米作りにかかわりたい!」と一念発起。
子どものとき以来、久しぶりに
田植えと稲刈りを手伝いました。


先日、携帯に実家の母から、報告のメール。
「稲作の集計が終わりました~!
一反あたりの収穫量が9.9俵でした (^o^)丿」。

今年の天候は、稲作にとってとても厳しいものでした。
夏の猛暑に、10月の台風。
それでも、
母が記録を始めて以来の豊作だったそうです。


母は、パソコンを駆使する電脳ばあちゃん。
日々の農作業の詳細をワードで記録。
田んぼごとの収穫量を、エクセルに打ち込んで
折れ線グラフにして、データを比較検討しています。


なんでも、一反あたり10俵収穫できたら
稲作の指導員になれるのだとか
定年後の日々を、農作業に打ち込んでいる80代と70代の両親ですが、
まだまだ、目標をもって前向きなところがいいですねぇ~。



IMG_0692.jpg


稲刈りが終わった後、
両親と一緒に「お疲れさんの旅」に出かけたことも
今年の楽しい思い出です。


みなとみらいも

IMG_0538 (640x427)

IMG_0543 (640x427)


箱根も

IMG_0622 (640x427)


IMG_0632 (427x640)


行く先々、どこもご褒美の日本晴れ。
気持ちのよい晴天でした。

さすが日ごろから足腰鍛えているので、
元気な2人。
こんなふうに、年を重ねられたらと思います。


一年間、米作りお疲れさまでした。

イルミネーション

ホワイトイルミネーション

うちの近くにある、女子短大のイルミネーション。

純白で何ともシンプルなあかりです。
大きな街の華やかな電飾とは全く違った趣に、
灯りに込められた思いを聴きたくなりました。

このモミの木が植えられたのは、
この短大校舎が建てられた30年前。
「四季を通して緑の姿を保ち、
クリスマスの頃には、
ツリーとして喜びの姿を見せてくれるように」という
学校創設者の思いも込めて、
2メートルほどの苗を植えたそうです。


14メートルの高さに育ったモミの木。
この樹と、さほど差のないこの街の歴史とも重なって、
時間をかけることの意味を感じました。


駅からの帰り道、
この静かな光をひとり見上げて
ふっと
気持ちを楽にする人もいることでしょう。


そういえば、
娘の大学のイルミネーションは、青一色。
青色は、気持ちを鎮める効果があるとか。
「学校は校内の街灯を消し、青色LEDを使ったイルミネーションをともして、
学生の喧嘩や荒立った気持ちが起きないようにという趣旨で
点灯しているらしいよ」と娘。


このシーズン、
あちこちに飾られたイルミネーション。
それぞれに作り手の思いがあり、
技術を駆使して苦労があっての点灯でしょう。


電力を大切にしたいと思う一方で、それでも灯された光。
「わあ、きれい」だけじゃなく、
一つひとつの灯りに込められた意味を
感じていたい、と思った夜でした。






手づくりクリスマス

クリスマスの家

気がつけば、12月。


いつの間にか、
近所のパン屋さんの店先やクリーニング屋さんのカウンターにツリー、
もちろん駅前のイルミネーションも点灯して、
クリスマスが近いんだと
ビックリの自分。


エコクラフト作家の友人宅には、
小箱ショップに出荷まちの作品が並んでいました。


IMG_0740 (640x427)

「年々、クリスマスが早くなるわネ~。
作る方としては、慌てちゃうわよ~。」


たしかに。
11月の中ごろには、
クリスマスシーズンが始まっているような。。。。


IMG_0733 (640x427)


エコクラフトの友人は、
チラシや包装紙、裏紙など、
すべて身の回りにあるものを使って、
折り紙、糊付け、塗装。



自分流の作り方を考えるところから始まって、
丁寧に一つひとつ時間をかけ、
でも、ちゃんと楽しむことも忘れず
根(コン)を詰めながら
手づくりしています。


IMG_0737 (640x427)


この赤いお家は、
近所の郵便局に届けるのだとか。


手づくりのこんな温かい作品がひとつあるだけで、
その場の空気もふっと緩み、あたたかくなって、
会話も弾みそう(^^)


年末の郵便局。
笑顔が増えますね。


「小箱ショップの方は、
値段をつけなきゃ、置けないからね~。
手間を考え、時給計算なんかしてしまうと
やってられないけど、いいんだ。
好きだから」


そういいながら、付けられた
一つ数百円の値段。


買っていったお客さんは、
きっと
良いクリスマスを迎えられますね。


きっと。

IMG_0747 (640x465)
カレンダー
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。