プロフィール

ふうこ

Author:ふうこ
街のかぜへようこそ!

カテゴリ
最新記事
リンク
ほのぼの時計 わくわく版
最新コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

T美大の卒業式

卒業ビデオ

先日、
息子の通ったT美大の卒業式に行ってきた。

行ったといっても。。。
もとより、
かのT大学と違って、式の会場に親の座る椅子はない。
別室にて、同時中継のビデオを見るだけ。
それでも。
スクリーンに映し出される卒業証書授与の様子はとってもユニークだ。

各学部の総代が壇上に上がって証書を受け取るが、
幼稚園児のコスチュームあり、スーツ姿に長ーいちょんまげのかつら。
その先端のくすだまが割れて、垂れ幕が下がったり。会場、爆笑。

ガガ?

レディーガガみたいな女の子が、2人護衛を連れていたりする。
学長は、クスリと笑うこともなく、平然と手渡すところがいい。

学長先生のことば。
諸君に身に着けてほしいのは、次の3つ。
勇気と、確かな技術。そして豊かな感性。

勇気とは。。。
芸術に必要な要素の一つに、他者とはちがう『独創性』がある。
人と違うもの、見たことのないものを世に発表する『勇気』、だそうだ。
どこまでも、
アーチストを育てる学校だった。
社会人、ではない。

そして今年の卒業制作は、
「この一年間、3.11以降の世の中を観、考えながら取り組んだもので、
これまでの先輩たちとは、まるで違うものであった」と。
端的な、心の残るお話だった。


そう、
この日、わざわざ出かけて行った目的は卒業展示。

4年間学んだ(制作した)教室に、
卒業生の作品が飾られている。
ひとりが壁一面使っての、ゆったりとした展示。

日本画

日本画Ⅱ

それぞれが、
自分の表現というものを探し、模索し、苦しんで。。。
絞り出すように、ぶつけるように。
そうして一つのかたちに表していくという作業。
出てきたそのエネルギッシュな表現たちは、
潔く、見ていて何とも清々しい。

表現する術(すべ)を持っているのは、幸せなことだと思う。


作品

この日、初めて見た息子の作品は、
これまでと、作風がまるで変っていた。
『葛藤』と名付けられたその作品、
長い時間をかけ、
息子は何を想いながら向き合っていたのだろう。



これから社会に出て、
大人になっていくとしても。
ずっと、
表現者、アーティストであってほしい、と思う。




スポンサーサイト

中学生、記事を書く。

港南台タウンカフェで、
中学生レポートBチーム、第5回ミーティング。

先日、
2時間半にわたる取材を終え、
中学生が今日までに文章をまとめてくることになっていた。

ジャージ姿の中学生2名、バリバリの現役大学生Sさん、
タウンカフェスタッフのSさんと、
小さなテーブルを囲む。

教育を論じ、夢を語るT幼稚園園長先生の話を、
レポートにまとめるのは、たいへんだったに違いない。
事前の申し合わせは、
かしこまらないで、
取材の楽しかった勢いをそのまま文字に乗っけよう!ということだった。



2人の文章は、
期待をはるかに超えて、
園長先生のこだわりや園の魅力を見事に表現していた。

5人が膝を突き合わせ、額を合わせて
気になる部分を一つ一つ
話し合っていく。
同じ表現でも、漢字にするのかひらがなか。
敬語が多すぎて、まどろっこしくないか。
言いたいポイントはどこか。

中学生ながら、
表現へのこだわりが伝わってくる。
ばりばり、ピカピカ現役の大学生は、
さすが、鋭い指摘。
読みが深い。。。

若者の柔らかな脳のはたらき、
また違った視点で考えるSさんの見方を
すぐそばで感じて、
充実の時間。
頭、使った~




ふと時計を観たら、
2時間半が経過していた。
学校帰り、仕事帰りの5人。
しかもこの時期、
私は花粉で頭が朦朧、目は真っ赤。
隣の大学生Sさんは、
お鼻が大変そう。。。
ティッシュの箱を抱えての大健闘だった。



きっと、良いものができるよ。



帰り道、ひとり心地よい疲れ。
「おなかすいた~」。

そういえば、
あまりに話し合いに夢中で、
仕事帰りに調達した甘い差し入れを
出すことさえ忘れていた。






















段蔓に春!

桜!

鎌倉駅近く、二の鳥居から鶴岡八幡宮につづく段蔓は、
小道の両脇に桜の木が並ぶ春の名所です。


三月とはいえまだまだ寒く、
花はずっと先だろうと思いながら、
いつも上ばかり見ながら歩いていましたら。。。


今日、咲いてました!
えっ?


他の木は、全く蕾もふくらんでいないのに、
一本だけ。
思わず、視線を落として幹を確認。
たしかに、桜のようです。


私は何だかうれしくなって、
ルンルン歩いていましたら、
前からお嫁さんが歩いてきます。


白無垢に綿帽子、
隣を歩く袴姿の新郎と、
楽しそうにおしゃべりしながら。



この段蔓では、
八幡宮でお式を挙げた新郎新婦、そして親族友人らが
近くにある結婚式場まで(?)歩く姿をときどき見かけます。
多くの観光客が注目し、
とくに、海外からのお客さんは大喜びで、
カメラでバシバシ撮影したりします。


ちょっと恥ずかしそうに、
しずしずと歩く新郎新婦、
というのがこれまでの印象でしたが。。。


平日ということもあるのでしょうか、
この久しぶりの暖かい春の陽射しのもとで、
とても楽しそうに、
軽快に、
歩く姿は素敵でした。


その数十メートル後を、
やはりお話しながら
黒留袖で歩く女性ふたり。
新郎と新婦のお母様でしょうか。


ちょっと、ほっとしたような
力が抜けたような、
そんなふうに見えました。



段蔓に、春。



桜!

3.11におもう。

3.11。

一年前の、怖かったあの揺れを思い出しがなら
テレビに向かって黙とう。
多くの被災された方の話に耳を傾け、過ごしました。
いつ、それが自分のことになるかわかりません。

3年前、地域で始まった防災会に誘われて
ゆっくりと活動を続けてきましたが、
急に現実のものとなり、
にわかに体制づくりが始まっています。

とはいえ、
いっとき避難場所の公園にはテントも備蓄もなく、
最近、自治会でリヤカーを一台買ったのみ。
食料と水、トイレの準備を呼びかけるチラシと、
血液型、既往症、保険証の番号などを書き込む救急カードを全戸配布しました。
こんなところからのスタートです。

テレビを見ながら、
はたして、この地域が団結して生き抜いていけるのか
あらためて考えさせられました。

今は地域で互いに顔のわかる関係になろうという
つがなりをつくる段階です。
若手(?)世代がつながろうと、さっそく女子会もはじめて。
僅かな歩みでも、
前に進むしかありません。

この一年、
これほどたくさん祈ったことはありませんでした。
自然や、大いなる力の前で
私たちはあまりに非力です。

いつ何が起きても後悔のないように、
いま、この時を一生懸命。
それだけは、私がこれまでやってきたとおり。
これからもそうありたいと思っています。








佐藤潤ライヴ in タウンカフェ

佐藤潤

わがまち港南台が生んだシンガーソングライター佐藤潤さんが
念願のタウンカフェで、
ライブを行いました!


看板

佐藤さんとは、
道端で会ったり、
ひきこもり連絡会で話し合ったり。
照り返しのきつい中学校の中庭、炎天下の夏祭りの会場、フリーマーケットで賑わう会場、
人の行き交う駅前の広場、特別支援学校のホールなど
それはそれは、いろんな場所での演奏を何度も聴いてきましたが、
ちゃんとした単独ライヴを聴くのは初めてです。

艶のある歌声に、心に迫りくる力強いギター。
彼は、ミュージシャンでした。




四国松山で、ある団体の全国大会のテーマソングをつくり、
小学校の周年記念ソングをつくり、
障がいを持つ子どもたちと過ごした日々を歌にしたりして。。。
行きついた街、そこで出逢った人とのかかわりを、
彼独自のセンスで音楽につくりあげていくのです。

Sさんと

ここ数年、
新しい試みとして
同じく港南区在住の詩人Sさんの詩に、
佐藤さんがメロディーをつけて
歌づくりをしているとか。
Sさんの優しい詩が、なんとも心地よいです。

そして、やっぱり
ライヴ最後の曲は、
港南台のことをうたった「手をつなごう」。

手をつなごう


昨年10月行われた「ミュージシャングランプリOsaka」で、
みごと東日本復興応援歌最優秀賞に輝いた曲です。


「いまも被災地は深刻な状況だけれど、
今自分のいる場所で、自分のやっている活動に懸命に打ち込むことが、
結局は、この震災の復興につながっていくのだと思う」
という彼の言葉に、
素直に共感しました。



膝



私は、
彼のギターの右手の指の当たる部分が
ずいぶん削られているのをずっと見ていました。

どれほどの時間、
このギターをかき鳴らし、
どれほどの音符を
奏でてきたのだろう。


手













カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。