プロフィール

ふうこ

Author:ふうこ
街のかぜへようこそ!

カテゴリ
最新記事
リンク
ほのぼの時計 わくわく版
最新コメント

よこはまフェア開幕直前!

IMG_9721.jpg

3月25日から6月4日までの72日間、全国都市緑化よこはまフェアが開催されます。
都市を花や緑で美しく彩り、自然に親しもうと毎年全国の各地で開催されて、今回が33回目ということです。

フェアを前に、ここにも花、あそこにも花壇。という具合に、
いま、横浜のまちは驚くほどの花で埋め尽くされております。


IMG_9732 (375x500)


普通の人は、開幕を待って完成した美しい様子を見に行くのでしょうが、
見るなら今。
開幕を前に準備する様子を見られる今がきっと楽しいと、
会場に行ってみました。


IMG_9725 (500x500)


思った通り、たくさんのチューリップで知られる横浜公園には、
小さな庭がたくさん作られています。
全国の都市によるブースがほぼ完成していました。


IMG_9730 (500x375)


日本大通りは、400mにわたって春の花が道路のわきを彩ります。
豪華な花をコンテナに積んで運び込み、
一生懸命にたくさんの人で植えていました。


IMG_9734 (375x500)


色や雰囲気、それぞれ区画ごとに特徴のあるデザインになっています。


IMG_9735 (500x375)


山下公園にたどり着くと、
大きなコンテナに植えられた桜が並んでいました。
期間限定で、100本の桜が準備されています。


IMG_9737 (375x500)


こんどは、
山手の丘を上って、
山手西洋館のある地区です。


IMG_9801 (375x500)


西洋館はきれいに塗りなおされて
普段と違った趣でした。
これまでどおり、ちょっと古い感じでもよかったのでは?


IMG_9831 (500x375)


看板も新たに作られていました。


IMG_9817 (500x375)


開幕まで5日という、港の見える丘公園です。


IMG_9824 (500x375)


バラ園は、昨年レンガの構造物が入って植物の種類も増え、
とても素敵な庭園に生まれ変わりました。


IMG_9830 (500x375)


草花の植え方、選び方が洗練されていて
参考にしたいです。


IMG_9836 (500x375)


バラの数は、数倍に増えていました。


IMG_9839 (500x375)


この山手地区は、私がよく散歩に出かけるおなじみの場所ですが、
普段は何もなかった場所に、
あちこち花壇がたくさん作られていました。


IMG_9850 (500x375)


外人墓地のそばの道路わきにもコンテナが。
このよこはまフェアのコンセプト、ガーデンネックレスとは、
市内各地の公園や花のスポットを緑でつなぐということだそうです。

確かに、このところ、ちょっとした道路わきの植栽、公園の周り、
駅前の広場などにも花が植えられたり、
プランターが置かれたりしています。

市内全域で、花を増やして咲かせている、そんなイメージ。
植えられた植物は、多くは一年草、
会期後はどうなるのか、
コンテナに植えられた桜は、その先どうなるのか、
気になるところであります。


IMG_9842 (500x375)


ともかく、横浜は花でいっぱいです。
庭好き、花好きの私としては、
この機会にあちこちの会場をまわって、
楽しみたいと思います。


IMG_9811 (500x375)



花いっぱいの横浜へどうぞお越しください。











スポンサーサイト

洋光台まちあるき

IMG_5540 (500x331)


気温19度というポカポカの日。
思いがけず、仕事先でぽっかり時間が空いた。

めったにない、2時間のご褒美だ。
近くの公園に行ってみよう


IMG_5546 (500x333)


思った通り!梅の花がそろそろ見ごろだ。
何でも、花は咲き始めが好き。


IMG_5542 (500x333)


名前はわからないけど、実家にあった梅に似ている。


IMG_5541 (500x333)


ピンクもかわいいけど、


IMG_9439 (375x500)


やっぱり、白がいい。
若いお母さんが赤ちゃんの顔を梅の花に近づけていた。


IMG_5544 (500x333)


梅の木が何百本という名所もいいけれど、
ゆったりと公園に散在するなかを、
香りを感じながら、のんびり歩くのはとっても贅沢。
赤ちゃんとママと私、3人で独占だ。


IMG_5548 (333x500)


いつも見ているけど、
よく考えたらとても斬新な建物。
廻ってみたら、反対側の壁も同じだった。


そろそろ時間。


IMG_5536 (500x333)


この洋光台に、住民が立ち上げた新しい拠点ができます。
詳しくはあらためて。


IMG_9427.jpg

























おすすめ本掲示板

IMG_9134 (375x500)

日々、いろんなことが起こります。
思いもよらぬアクシデント、
あっちへ行ったり、こっちへ行ったり、
仕事が次々押し寄せます。

そんな中、
地域の読書サポーターズのおすすめ本の掲示板は、
緩やかで楽しい、ほっとできる活動です。

月に一度、担当がかわり順番で
掲示板を張り替えます。


今日はその張替えを手伝いました。

高校の英語教師を永年務めた後、資格を取り直して家庭科の先生になった男性の話。
読んでみたいと思いませんか?


この頃、ほとんど本を読んでいないけれど、
この活動をやっています。
本が好きというより、
本が好きとワイワイやっている人たちが素敵で。


IMG_9133 (500x375)

先月はこれでした。
毎回、雰囲気ががらりと変わり、
担当者の思わぬ個性が出て
楽しいです。


私はどんな本を紹介しようかしら。

山手西洋館のクリスマス2016

IMG_4773 (500x318)


12月とは思えないポカポカ陽気の日。
今年も山手西洋館のクリスマスを見に行きました。


IMG_4798 (500x333)


イチョウがちょうど見ごろ。青空に映えてきれいです。


IMG_4779 (500x333)


いつも、山手地区を歩くときはルートを決めています。
まず、ブラフ18番から。レモンを大胆に飾ったイタリアのクリスマス。


IMG_4790 (500x333)


今年は、こうした小物が目を引きました。


IMG_4802 (326x500)


外交官の家は、日本のクリスマスです。
家庭で過ごすクリスマス。今どきは、街のイルミネーションばかりが目立ち、
家庭のクリスマスはかえって懐かしい、貴重な思い出になっているのかもしれません。


IMG_4807 (500x333)


このツリー一本に、100個の刺繡のオーナメントが飾られているそうです。
一つ一つ、デザインが違ってすてきです。


IMG_4803 (500x333)


この日本のクリスマスの装飾をした方に、お話を伺うことができました。
刺繍の先生で、最近はドールハウスにも挑戦されているとか。
作品を丁寧に説明下さり、御年80代と聞いてびっくりしました。


IMG_4828 (500x333)


毎年クリスマスにはパリに行き、ショーウインドウを見て、
最新のデザインを持ち帰って
インスピレーションを沸かせるのだそうです。

クリスマスには欠かせないという、
タペストリー。
2週間で完成させたそうです。

80代という年齢の方に、
この頃たくさんお会いします。各界で活躍されている方がなんと多いことか。
この細やかな刺繍、目は疲れないのでしょうか。


IMG_4850 (500x320)


べーリックホールは、ベトナムです。この山手西洋館のクリスマスは、今年で17回目だそうですが、
ベトナムは今年初めてです。


IMG_4856 (333x500)


南国の珍しい花、バナナの花を見たのは初めてです。


IMG_4855 (500x333)


その国の文化や食べ物、自然などを知ることができるのも、
このイベントの愉しみなところです。


IMG_4875 (500x333)


山手234番館のアルメニアも、
今年が初めて。
1月6日がアルメニアのクリスマスなのだとか。
ドライフルーツ、ザクロが特徴的。


IMG_4878 (500x333)


ザクロは多産の象徴でえんぎがよいそうです。


IMG_4882 (500x333)


手作りのお人形も、見たことのない雰囲気です。


IMG_4907 (333x500)


最後の山手111番館は、スウェーデン王国。
天井から下がっている布は、
オーロラをイメージしています。
料理は、ビュッフェ形式で楽しむそうです。


IMG_4914 (500x333)


ファールレッドという特徴のある赤い色がとても印象的。
スウェーデンでは、、家の壁にも使われているそうで
食器や装飾がこの色をポイントにして彩られていました。



今年も8館をゆったりとめぐり、
まだ訪れたことのない国々のクリスマスの雰囲気を
知ることができました。

2時間の世界旅行のような
素敵な時間でした。









キャンドルナイト@洋光台

IMG_4063.jpg


秋も深まり、各地でキャンドルナイトが行われています。
おとなりのまち、洋光台のキャンドルナイトに行ってきました。
素晴らしかった~!


IMG_3991.jpg


まちが開発されておそらく40年以上。
多分に漏れず、少子高齢化が進み、
シャッターが閉まる店、空き部屋がみえる団地。

もっと町を元気にしたい。URや商店街、住民が立ち上がり、
大きなプロジェクトも始まって
洋光台はいま、まちを挙げて大きく変わりつつあります。


IMG_4059_20161012233113cf8.jpg

このキャンドルナイトは、
地域団体や住民が立ち上げてまだ4年目とか。
ずっと行きたいと思い続けていましたが、
ようやく初めて行ってきました。


IMG_4012.jpg


駅に近い緑豊かな公園を使って、
手作りのキャンドルを一夜限り、飾っています。
公園全体に、灯りで作られた光のまちが広がっていました。


IMG_4019.jpg


一つひとつに屋根があり、窓から灯りがこぼれる
おうちキャンドル。
それが集まって、まちになります。
こんなまちに住み続けたいという思いの結集。。。

「子どもから大人まで、住み続けたいまち洋光台をみんなで創る、はじめのいっぽ」

それが、このキャンドルナイトのテーマ。
キャンドルの数、2300個です。


IMG_4044.jpg


テーマがとても分かりやすく、みんなで共有し一貫している!
これが、多くの人を巻き込んで、大きなムーブメントになっている理由だと思います。


IMG_4069.jpg


地域全体から参加できるよう、
今年はSNSでもボランティアを募集。スタッフがとっても多いと感じました。
約130名オレンジ色のお揃いのジャンパーを着て
会場で来場者を出迎えていました。

背中には、「はじめのいっぽ」の文字。


IMG_4014.jpg


広い公園にちりばめられた灯りを、
一つ一つ、見て回ります。
小さいお子さんを連れた親子連れがたくさん訪れていました。

お友達同士、ご家族で、
会話しながら、丁寧に見て回る。
これがいい、あれが素敵と、みんなハイテンションになる。
こうして会話が生まれるんですね

「洋光台、やるじゃん!!」
中学生らしい女の子がしゃべっているのを聞いて、ニンマリ。


IMG_4049.jpg


今年は、
おうちキャンドルを30個以上作って、自分の村をつくるグループエントリーも募ったそうです。
参加したのは10組。


IMG_4038.jpg


プレイパークの子どもたちで作ったシンゴジラ。
洋光台のまちも、映画に登場したそうですね。


IMG_4026.jpg


後日、代表の方から来場者人数を聞いて驚きました。
5800人あまりだそうです。これほど集まるのはすごいこと。


IMG_4067.jpg


これだけの数の人々が、
自分たちのまちへの思いを持って集まった。
きっと、
このこのまちは、もっともっと素敵に変わっていくことでしょう。


IMG_4064.jpg


来年一月、
駅前通りに、こうした地域活動の拠点となるコミュニテイーカフェをオープンさせるそうです。
住民の思いの集まる場所。たのしみです。

















カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
検索フォーム