プロフィール

ふうこ

Author:ふうこ
街のかぜへようこそ!

カテゴリ
最新記事
リンク
ほのぼの時計 わくわく版
最新コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春 

静かな時間

春。

この場所で大切な人と過ごす時間が

大好きです。



























スポンサーサイト

奈良美智:君や 僕に ちょっと似ている

横浜美術館

私にとっての連休最終日。

閉館まぎわの横浜美術館。
入場最終時間に間に合った。

奈良美智:君や 僕に ちょっと似ている

今や、世界レベルで高い評価を受けている奈良美智。

独特の作風、印象的な少女の絵。
それが、
なぜイイと言われるのか
どんな風にいいのか、
自分はどんな風に感じるのか
一度、作品を『生』で見てみたいと思っていた。


申し訳ないほどに、
私は彼の作品や、彼自身について、
知識がなかった。
ちょっと意外だった彼の年齢や風貌、
そして、
3.11の震災以降、彼の中で変化が起こったという
テレビ番組を見たことくらい。


彼の作品について、誰かの評を読んでしまうと、
私の場合、
あたかも自分がそう感じたように思ってしまうから、
何も知らないまま、真っさらの状態で
直に向き合ってみたかった。。

奈良美智



いたずらっぽく微笑む少女、
あどけなく、眼をぱっちりと見開く少女、
おだやかに、しずかなじかんを過ごす少女。
「朝の中央線で」「お手あげです」「年貢のおさめどき」
などなど、
さまざまな表情の少女を描いた作品は、
私がこれまで、彼のの作品に対して持っていた印象より、
はるかにあたたかで、やさしい絵だった。


少女の表情は生きているかのように、
まっすぐにこちらの心に向かって来る。


人の心は、一様ではない。
誰にでも、
かわいらしい一面、
弱くもろい一面、
悲しく溶けてしまいそうな一面、
醜く、ニヤッとほくそ笑む一面。
きらりと輝く瞬間。

ひとのそうした内面を
少女の表情や服装、背景を通して表現しているんじゃないかと
私は感じた。
なぜ、少女なのか。


ちょうど昼間、
珍しく家にいた娘と、
ひとはみんな違うんだから、
誰とでも全員と仲よくするなんて無理だと思うし、
人には見せられない内面だってあるんだ、
というような話をしたばかりだった。


絵を観るときは、
絵の意味や、メッセージなんかを考えなくても、
自分がどう感じるか、
いいなあとか、好きだなあとか、
それだけでいいのかもしれない。


だとすれば、
私は、奈良さんの絵に
つよいエネルギーを感じた。


とくに、
作品名は忘れちゃったけど、
印象的な作品があった。
途方もなく、悲しげに眼を伏す少女が、
ちいさな植物の芽を両手に持って、
心の中にしずかにきぼうの灯をともしたような作品。
おもわず、涙があふれた。
被災地の人々の深い悲しみと重なった。


閉館間際の30分間、
さぁ~っと、駆け抜けた奈良美智ワールドだった。


外に出たら
みなとみらいの夜景。

ビル群

何度見ても、
自分がこの地に住んでいることの不思議。


空


思い立ったら、
こんな時間を過ごすことのできるありがたさ。























横浜のチューリップ

じゅうたん

いったいここはどこ?とおもってしまうほど、
みごとに広がるチューリップのじゅうたん。

仕事帰りに通りかかった
横浜スタジアムちかくの横浜公園で
69種16万本のチューリップが見頃を迎えていました。

スプリングフェア

山下公園では、花壇展もやっているんですね。

チューリップ

色とりどりのチューリップ、
たしか、市内の住民らがボランティアでいっせいに球根を植えるのです。
珍しい種類もいっぱい。
かわいい


私の好きな『バレリーナ』もありました。
手前のオレンジです。

バレリーナ

初めて見る紅獅子。

赤




平日のお昼時。
天気も良く、あったかです。

スタジアム

通りすがりのビジネスマン、
わざわざ見に来た女性グループ、
絵を描く人、
ジョギングする人、
お弁当を食べる人。
立派なカメラで撮影する人、


撮影


ひと

お孫ちゃんとおじいちゃん、
ひとり物想いにふける若い女性、
携帯で撮影するおばちゃんたち。



人



花はもちろん素敵ですが、
花を見に来た人、みんな笑顔。
その笑顔がまた、素敵です。

おべんとう

花よりも、
どちらかというと
そのいろんな”ひと模様”をみて、
平穏であることの幸せを感じたひとときでした。












段蔓に春!

桜!

鎌倉駅近く、二の鳥居から鶴岡八幡宮につづく段蔓は、
小道の両脇に桜の木が並ぶ春の名所です。


三月とはいえまだまだ寒く、
花はずっと先だろうと思いながら、
いつも上ばかり見ながら歩いていましたら。。。


今日、咲いてました!
えっ?


他の木は、全く蕾もふくらんでいないのに、
一本だけ。
思わず、視線を落として幹を確認。
たしかに、桜のようです。


私は何だかうれしくなって、
ルンルン歩いていましたら、
前からお嫁さんが歩いてきます。


白無垢に綿帽子、
隣を歩く袴姿の新郎と、
楽しそうにおしゃべりしながら。



この段蔓では、
八幡宮でお式を挙げた新郎新婦、そして親族友人らが
近くにある結婚式場まで(?)歩く姿をときどき見かけます。
多くの観光客が注目し、
とくに、海外からのお客さんは大喜びで、
カメラでバシバシ撮影したりします。


ちょっと恥ずかしそうに、
しずしずと歩く新郎新婦、
というのがこれまでの印象でしたが。。。


平日ということもあるのでしょうか、
この久しぶりの暖かい春の陽射しのもとで、
とても楽しそうに、
軽快に、
歩く姿は素敵でした。


その数十メートル後を、
やはりお話しながら
黒留袖で歩く女性ふたり。
新郎と新婦のお母様でしょうか。


ちょっと、ほっとしたような
力が抜けたような、
そんなふうに見えました。



段蔓に、春。



桜!

港南区不登校・ひきこもり連絡会 その後

panfu

不登校・ひきこもり連絡会の定例会に参加しました。
月一回、この問題に取り組む7団体と区社協、区役所の担当者が
話し合い、情報交換の場を設けています。

私が参加するのは4回目。
いまや、取材ということでなはく、
自分の学びの場として、
その場に足を運んでいます。

参加メンバーは、
実際にご自分も当事者であった親の会とか、
勉強をサポートする学習支援、
行き場所のない方の宿泊など、
支援の形態は様々ですが、
とにかく、
ほっとできる居場所を作ってあげたい、
何とか力になりたいという思いは、皆さん同じです。



事態が深刻なだけに、
皆さんのひたむきな思いに圧倒されます。

私が学んだのは、
横につながることの大切さ。
そして、圧倒的な活動のエネルギーの源はに何か。



「自分のやってることは、めちゃくちゃだけどね。
それは、わかってる」
と、メンバーの最年長のYさんはおっしゃいます。
ご自分のご家族への負担を気遣いながらも、
もう20年以上、親も見捨て行き場所のない方に寄り添って、
見守りを続けておられる。

最初、小学生だった子どもが、
成人するくらい長年にわたって
寄り添い、励まし、就労まで到達させるBさん。

どちらの方も、
「生きている実感をもってくれたら、それでいい」
とおしゃる。
そして、
元気をもらっているのは自分のほう。
ありがたい、と。

定例会




ホントに大変な時期を超えて、
先が見えなくても、とにかく、
自立していくことを信じ、支え続ける力、
大丈夫だよ、伝え続ける姿勢はすごい。


その一方で、
「ずっと同じ団体にいると、
そこで、ひとつの価値観ができあがってしまう危険性がある。
他のグループと話し合うことで、軌道修正ができる」
「互いに、顔の見える信頼関係ができる」」
と、横のつながりを持つ大切さを、
ちゃんとわかっておられる。

たしかに。
どの世界でもいえること。
とくにボランティアで打ち込んでいると
ありうる危険性。

そんなことを考えながら、
自分のできることを探っている今日この頃。


この連絡会は、
不登校、ひきこもりという分野に関わらず、
地域でいろんな活動をしている団体の方と、
ともに前に進みたいと考えておられるとか。

そう、活動の方法、方向はちがっていても、
みんなこの街にすむ人を支えたい。
それは同じなんですよね。













カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。